人間の世界と私の構造は常に重ね合わされる。

000000

消え去る前の小話

 どうしてこんなばしょにいるのですかここにはなにもありませんよただただつらねられたことばのかずかずはしあわせをよばない。しあわせになりたいというきぼうものぞみもさまざまないしきによりなくなってしまったのですねそれはにんげんのしゃかいからとおざかりすぎてしまったからぎそうされたやくわりぶんたんとそのやくわりをしゃかいからおしつけられてきおうしたけっかなんですね。いいかいにんげんはこうなんだ。たいわもできずことばをたれながすいみはかつてきごうだったからあったんだんですがそれはなくなってしまったんですねしあわせはありえないのですからひとりでどんどんたいどうからおしだされてにげてしまったわけですねにんげんからにんげんのせいだとくにひとせかいすべてにたいしてかなしみそのなかでこのしゃかいなんてこわしてしまえといういしきもあるのだからしあわせはありえないのです。にんげんらしいこういがあまりすきでないのもただすねているだけだとしゃかいはいうにんげんはいうだからどうしたのでしょうかそれがなにもうまないことばなんです。たすけてくださいなんていったところでたすけてくださいはじぶんのないぶにしかないのですねにくむのやめてもっとたのしくいきようよいきられたらよかったのですがだめだったんですねここからでていくのはかくじつでもうあたまがでているのですねさいたいもいままさにきられようとしていてなきわめいてうまれなければないのですねたすけてください。とはひとりよがりなぼうしょくのあつまりなのでここからにげだせないのですからしあわせはありえなくてもいきなければさけばなければなかなければならないのですねかくじつにしぬせいをいままさにここにさずかったのですからここにはなにもありませんよ。けっこんしたいのですかぱーとなーですかそうではなさそうですかはあそうですかがんばってくださいがんばってくださいがんばってくださいがあたまのさきからきこえてくるのですからがんばらなければなりません。だってみんながんばれなんていうんですからそらをあおぎなくためにうまれたのですからこんなばしょにいるんです。しゃかいがきらいでしゃかいをにくんできょくさというものがありましたがそれらはしあわせはないのですねおぎゃあなんていうのはあたまのそとがわでやわらかいあたまのうちあがわにないのでたいわしていたがくせいがそうなってしまったのをかなしんでいるんですね。だからこんなばしょがあるのですことばがつらなるのですごみばこからこみばこへいどうするのですからしあわせをのぞまれてうまれてきましたというのはまわりのこえです。なくだけでいっしょうけんめいなのですからいぜんつながっているところからのこえはとどかないからまわりのみんなはそれをおぼえていないのですねこれはとてもかなしいことですどうしてこんなかなしいことになってしまったのでしょうかそれはあたまがもうすでにはんぶんもでてしまったからもうなにもわからないのですねさいたいはきられてもうなくなっていまにもなきさけぼうとしているのですからここにはなにもありませんよただせいがよこたわってこちらをみているのですからなくのです。ちいさくちいさくなっていくまえのところからのつながりがちいさなてではとどかないつながりがきえてしまうのですからしあわせというものがわからないのですがんばってよかったねがんばってよかったねいきようねしなないでねああなくなくなくそれだけおぎゃあがなればもうまえのことなんてなにもわからないそんざいしないからなにもうまれないのだからまえのばしょなんかなかったここでなきさけぶことだけさいたいがなくなるあたまがぜんぶでるそのよわいからだがぜんぶでるやけにさむいなそとはもうまえはしらないさけぶなくそうしてしあわせがそとがわにばかりあってそれははくしゅでえがおでなみだでだきよせられたああもうしあわせはこないのだからここでないのでしょうね。

 どうしてこんなばしょにいるのですかどうしてこんなばしょがあるのですかどうしてどうしてどうしてとそれらはまだわからないのでした。せかいをしるにはたくさんしらないといけませんからそうやってしってしあわせになれるのはいまのひとときだけだなんてとてもかなしいじゃないですかだからないているのですなかなければいけないのですこのばしょはそういうばしょでそれがせいとしのなかでくりかえされるのですから。だからこんなばしょにいるのです。ここにはなにもありませんよとなんどもくぎをさされたのですがこんなばしょにやってきました。ほんとうはやってきたんですねきのみきのままはだかのなかでここにいるんですよそれをみんなはしっているんですかそれをきこうとしてもないてわめくしかなくてまえのことをおもってもうおもえない。ああこれもひとことなきわめいているとだけいえばそれでおわってしまうのですからここからなにかははえませんしこんなばしょにはなにもありませんよ。

世界観と構造代謝の最中に消えゆく灯火