人間の世界と私の構造は常に重ね合わされる。
世界観と構造代謝の最中に消えゆく灯火