人間の世界と私の構造は常に重ね合わされる。

313056

消え去る前の小話

 私の中に打ち込まれた死を望む意志は消えることはなく、人生の最後までついて回るだろう。死してこのブログが更新されなくなった時、これらは私の遺書となる。他人のせいなどでは決してない。私はこの先確実に社会に押し付けられた死を選ぶだろうが、それらは社会に殺されたと言ったところで誰の責任にもならない。この世界が滅ばない、人類が滅亡しないのだから、私が先に終わらせるしかあるまい。

 

 長い間夢を見ていなかった。または夢を見た端から忘れてしまったのだろう。昨日は久しぶりに夢を見た。


 私は何者かに殺されることになった。椅子が立ち並び、大勢の人がいた気がした。私は襲われた。拳銃だったろうか、殺しを肯定する理由は何もない。
 私は倒れ、それを突き付けられ、
「ね、死のう」
 それだけ言っていた。
 そこに宥めすかす女が現れる。頼むからこの場では、私が何かを言い、その場は殺されることはなかった。
 そうして無事帰路につき、眠りにつく。
 しばらくして、目の前が小さな光で照らされ、私は胸の中心を刃物が貫くのを感じた。
「アレで終わるわけないよ」
 私の体から熱が消えていく。硬直する。

 夢の一幕。脈絡はなく、ただただ死を望む意識がそこに現れた。
 私は遂に殺された。そんなに望むならと、記憶整理の途上で私はされた。それは絶対に殺すという意識を持って私の中に入り込むことに成功した。

 それもまた女の姿をとっていたように思うが、それは何故だろうか
 点のように残された女性性が私を殺しにやってきた。人生を終わらせてくれるなら何よりだ。この社会で定義された人間になれなかったのだから、それは極々当たり前だ。

 私は誰にも助けてと言えないだろう。

 助けて、それは一体何から?

 人生の不安から?

 人間であることの懐疑から?

 ここにある感情は人間を殺せ、世界を破壊しろ、それは自我の破壊、自己の抹殺で実現可能だと言い、それを助けてだなんて誰が認識するだろうか?

 誰が私の善性を担保するというのだ。

 誰が私の社会的価値を担保するのか。

 それは自分自身である。

 私は単に社会性がなく、ギリギリ会社のルールで生かされている労働者である。社会に出たことがないから死のうと。

 それは素敵なことですよね。生きているのだから、死のうと思う。前頭葉が壊れていくのを感じている。叫ぶ、体を打ち付ける。この肉体から社会性を失ったものが顔を覗かせている。そいつは私を殺そうとしているのだ。

 どうにかして抗わなければ。どうにかして生きなければならない。

 死を望む精神それそのものは自らを消してしまいたいが、それは生きたいと思うからなのだ。生きたいのだから、死を望む。消えてしまいたい、頼むから殺してくれ。

 これらは全て今の生きている状態が嫌なだけであって、別の状態におくことが出来ればそうならない。それを分かって、私はまだここで生かされ続けている。他の人間達はそんなことを一瞬たりとも考えたことはないか、そんな些末時に関わる暇がない。

 私は社会の些末時である。

 そこから這い出たものが価値を生み出すことはなく、

 ただぬめりだけを残す。

 

 今日も殺してくれるよう、私は望む。

世界観と構造代謝の最中に消えゆく灯火